2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

猫(尿石症)

食器棚の定位置ふたたび

うああ、1週間ってこんなに短かったっけ?

と愕然とするような日は、やはり猫でしょうか。 (なんだそれ)

きたない部屋ですんません

いっそ、猫とひきこもりたい。
でもお金がないから出来ません。 ルルルルー。

ひとつだけホッとしているのは、左のP子の体調、というか
気持ち的な元気度が改善していることでっす。

先日の12Pを描き始めた頃の7月、ドーンと体調を崩しまして
ゆるゆる持ち直しているところなんですが
本日もその兆しがちょこっと。

縄張りのいちばん高い場所、食器棚の上にジャンプできました happy01

P子のお気に入りの定位置は、この食器棚の上でして
そこから人間を見張ったり、爆睡したりするのが好きなんですが
問題の7月は、体調不良ゆえにジャンプが失敗し、
あわや落ちそうになったのですね。

その体験によほど傷ついたのか、それ以来まったく寄りつかず、
見上げることもせず、「ジャンプって何?」 状態に。
猫の行動範囲ってのは、こうして狭まってゆくんだな… と
不憫な気持ちで、いつか足場でも作ってやろうと思っていたら
本日、どこからかヤル気が戻ってきたらしいです。

でもって、おお! うまくジャンプできましたですよ。
「乗れたじゃん、俺」 って顔をしておりました。
えらいぞP子。

写真に撮れなかったのが残念でっす。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

明日はレクチャー

まいど、猫日記です。

本日、補液のついでに2度目の血液検査を行い、
入院させるかどうかの判定をしました。
先週の今頃は、大きな足を揃えて満足げに食事していたのに
なんという変わりようでしょうか。

ただ、皮下補液の甲斐あってか、脱水の指標は弱まりまして
さらに、腎臓ダメージを示すといわれた、尿素窒素の値も
基準範囲に回復したことで、私は大いに安堵しました。
腎機能はまだ、失われてはいないらしいです。
見た目でも、最初は歩けなかったのが、歩けるようになったので
それが数値で確認できるようになった感じですね。
猫の負担を考えると、入院しないほうが良いとのことです。

でも、まったく飲まず食わずなのに、なぜ?
と相談すると、

「体重が減っています。 蓄えを使っているのです」

という答えでした。
P子は身体が薄くなり、背骨が浮いてしまったです…。

病院内では、看護士さんが口をこじ開けて、ペーストフードを
口蓋に塗りつけていましたが(汗)、給餌方法の一種なのかな。
嫌がって頓挫したので、どの程度の栄養になったかは不明…。
美味しそうな、いいにおいだったのにな。

ともかく、まだ皮下補液は続きそうなのであります。
そこで!
昨日、コメント戴いたSphereさまさまの体験を踏まえて、
私も出来る範囲の補液を試みることにしたです!

本日は、諸々の注射等も一緒にあって、駄目でしたが
明日レクチャーを受けます(P子本人で練習…ガクブル)

直近のP子は、身体がしんどい様子をしながらも
人の後をついてまわって、ほとんど離れないのですね。
猫なりに、安心感を得ようとしているのかと思われます…。

そんなふうに寄ってきた猫を捕らえ、過酷な戸外に連れ出して、
「いやー、いやー」 と泣くのも構わず搬送していると…
しかも、それがほんの数分の補液のためとなると…
その補液が、自宅でも出来るものだと知ってみると…
どうしても、

「こんなことをしてはいかん」

と感じるのをやめられないです。
うううレクチャー頑張る。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

毎日通うことになった

はい、何かあるとスグ猫日記になるブログです sweat01

ある日突然吐きまくって以来、様子が一変した猫のP子は
いまだ食事を取りませんのです。

血液検査の説明を受けると、とにかく 「脱水」「腎機能にダメージ」
の2点が問題で、数値を見るだけでも心が痛みまする。

というわけで、ここのところ連日の皮下補液。
吐くとよけいに脱水するので、吐き止めの薬。
冷房は普段より1度下げて、ということで、1度下げてみたら
人間がお腹を壊してしまいました。 オーノォー。

しかし食事を受け付けず、わずかに煮汁をなめるだけという
とても3歳とは思えない有様なので(涙)
「しばらく、毎日補液に来てください。 それでしのぎましょう」
という事態に…。

かかりつけの病院は、営業時間が20時までなんですね。
それは定時退社で、電車の接続が良くて、とんぼがえりで
何とか間に合う時刻なのですが、これはつらいぞ。
毎日、そんなに都合良く帰宅できる保証なんて無い。
この季節、夫は全くあてにはできん。
搬送は猫には暑いし、怖いし、ゲリラ豪雨が来ることもある。
それに、夜の道路沿いはさ。 ひどくうるさいんだ…。 車が。

補液のためだけに、毎日そんなストレスをかけていたら
余計に食事ができなくなるんじゃないだろうか。
でも猫のほうが大事なので (言い切る)、頑張って帰宅して
体調改善につとめるです。

もう一頭のK子の無邪気さ、健康さが、実にとんでもなく
貴重に思えてしまう、今日このごろです。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

一難去ってまた一難

猫のP子の尿石状態は、ほぼ解除された様子です♪

よく食べ、よく跳び、よく眠り、おっとり優しく賢い猫が戻ってきた
… と思っていたのですが。

2日ほど前、水を飲んでは吐きまくる状態となりまして
安静にしても駄目だったので、暑いのに虫も飛んでるのに
またしても病院へGO。

P子は昔から体調万全ではなくて、年に一度くらいは
ひどく吐いたり、熱を出したりするのでした。
あと、実は視力もあまり良くない… 関係ないか。

「腎機能が、数値で見ると落ちているので、くわしい検査をしたいです」
「明日、午前中に連れてきてください」

腎…。

それはまずいのでは。

尿結石は、要するに悪い結晶が消え去ればいいんだけど
腎臓という臓器が良くない、働かない、と言われたら。

言われたら……。

それは明日にならないと、わからないことだね。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

溶けてきたらしいよ!

変な想像をしちゃいかんですよ。 猫の尿結石が溶けたかもって話ですw

とにもかくにも、まずもって処方食を見直して
日数を経過してゆくとですね。

だんだん、猫の顔つきに変化が出てきたとです。
具合が悪く、食欲もなく、シリアスにたそがれていた顔が
病前の表情に少しずつ戻る感じ、というか。

表情を言葉にすると 『ほよよ?』 って感じの、何か間抜けな
普段の顔が戻ってきまして、小康状態のようです。

常に垂れ下がって、ひきずられていたシッポも
かなりの率で上を向いて、ぴょいぴょい動くようになりました happy01
うおおーん。 実に良いことです…。
猫のシッポが上を向くという現象は、機嫌がいいとか、甘えたいとか、
要するに体調が良いってことの指標になるんですよね~。

そして猫ちゅうのはやっぱり、走ってなんぼ、跳んでなんぼ。
ちょっとずつ食欲が戻って、ボリボリ音をたてて食ってるうちに
やっとP子も運動する気になったらしく、ここ数日は
絶えて久しかった猫運動会が戻ってきまして、同居のK子も
ひと安心のようです。 にゃーん。

粗相も減った… ような気がするけど、わからんです coldsweats01
尿石さまにおかれましては、このまま鎮まっていただけるよう
頑張って食わせてゆきますよー。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

処方食は結石を溶かすのか?

また猫の話をはじめてしまいましたよ。 猫親ってのはこれだから…。

しかし、似た悩みの駆け出し飼い主さんもおられるかもしれないので
あえて書きます。

猫ストルバイト結石症から尿道閉塞をおこして、散々な目にあった
P子につきまして、その日のお医者さんはこんな質問をしました。
お医者さんは複数いますが、その日は私の好きな、いろいろ
親身な説明をしてくれる人だったです。

「食事は、完全に処方食に切り替えていますか?
 メーカーと名前は何でしょう?」

そそそ、それはもう完全に。
最初にサンプルで戴いたなかから、某社のこれとあれとそれを… 

「では、今の”××-○○” を、 ”××-△△” に
 替えてみてください。 そちらの方が、溶かす効果が高いですから。
 P子ちゃんは、3歳と若く、腎機能も問題ないので大丈夫です。
 尿検査をしながら、様子を見てゆきましょう」

え…?
処方食って1種類じゃないの?

家に戻って、あるだけのドライ、ウエットパウチ、トレイ(ムース)を
見直してみるとですね。
やはりパッケージに書かれている文言は、どれも同じ。
嗜好を考慮して味が違うだけなんだな、と、思いましたとも。
しかし。
通販サイトで詳細ページを開き、仕様の部分をよく見ると、
少しだけ文言が違っていたのでした。 ほんの少しだけ。

そして、他の医療系サイトをいくつか見比べてみると、
やっぱり処方食ってのはいくつかの段階があるらしい…。

某社の場合の処方食は、おおまかに2種類。
ああだこうだ書いてあることを、飼い主目線で捉え直すと
こんな感じらしいですよ。

A) ストルバイト結石症の症状が出ているときに、Phを調整して
  結石を溶かすためのもの。
  酸性に傾くと、溶けちゃうんだな。 ていうか析出しなくなる。

  「Phをこれこれにします」 と数値が書いてある。
  溶かす効果はあるが、水を飲ませて排尿を促すために
  塩分が多いなど、腎臓に悪い負担がかかる。

  「与える前に腎機能をチェックすること」 と書いてある…。
  某社の場合は、その強さ(?) が更に2段階ありました。
  なるほど…。 こりゃ確かに、店頭なんかに置くとまずいわ。

B) 結石症の症状が消えたあと、再発予防として
  栄養学的にPhを調整するもの。

ううう…。
なんてこったい。

「処方食は太りやすいけれど、この ”(ピー)” ってのは
 カロリーを押さえてあるので、最初はこれで」

と、病院のお姉さんに紹介されて、メインの食事にしていたのは
(B)に属するフードだったですよ。

最初にって言うんだったら… うちの場合はさあ…
(A) を勧めてくれてもいいんじゃまいか?
最初の受診でもう、尿中に結晶がキラキラだったんですよ?
受診から3週間後に尿道閉塞ですよ?
知識のなかった自分が悪いの? そうなの?

いや、(A)ってのは、そんな理由で勧めるのは躊躇するほどの
危険なフードなのか?
膀胱炎と一緒になっているときは、優先順があるとか?

ああ…。
すべてのフードを(A)にしたけど、何がどっちに転んでも悩ましい…。
買わずに自分で作るレシピも可能らしいけど。 でもなーでもなー。

尿石症(または尿石が出ている膀胱炎)と診断された飼い主さま、
もし悩んでおられたら、お医者さんとよく話しますよう
どうぞお気をつけくださいませ。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

膀胱洗浄… だと…?

本日は、尿石症で膀胱炎なP子を病院に連れて行って
点滴を打って貰う日でっす。

ちょっとしもねたな病状の話がありますので
苦手な御方は先を読まないよう、ご注意ください ><
すみません ><

以前の日記 で書いた、例のペットキャリーを使う日が
やってきたわけですが、P子が朝から体調不良でですね。
お小水もうまく出せないようなので、病院でチューッと
取って貰って、結果をちゃんと聞かなくちゃな。

と思って、朝一番で行ってみたらですよ。
チューッと出てこないわけです。 すごい腫れてる…。
うまく出せないとか、そういう問題ではなくて
尿道口が詰まっていたことが判明!

ええええっ。
こ、これを放っておいたら、腎臓にダメージがっ…
っていうほど危ないって聞いていた、あの状態なのですかっ。

これはグッドタイミングでしたね、などど言われながら
P子は針の細さのカテーテルを入れられて、導尿処置を受けたです…。
針が入らなくて、痛そうに鳴いていました。

膀胱も洗っておきましょうね、とか言われながら
その細いカテーテルから、液体を出し入れされたです…。

お願いしますです。 洗い流して効果があるものだったら、
せめてしばらくは詰まらないように、洗っちゃってください…。

そうすると、お皿の底には白い細かい砂が沈んでいまして、
「これ(ストルバイト)が詰まっていたんです」 とのこと。
処方食の効果… 出ていないみたいだなぁ…。

かように、散々な目にあったP子なんですが
やはり某所にも影響があったのか、座るところすべてに血尿が sweat02

うおおお。 人間の夏用快適ブランケットがやられましたよ~。
たたんでおいた敷き布団がやられましたよ~。
K子が入って遊んでいた段ボール箱も… あーもう探しきれない。

こ、これは痛い。 P子よりは痛くないけど、それなりに痛いっす!
だって血尿っていっても、つまり尿なわけだし。
せ… 洗濯だよな。 夜中なんだけどさ…。

ブランケットの色は白なんだけどさ…。
そこんとこは見ないふりするよ…。 うん、色なんてどうでもいいんだ。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

遂に、キャスターつき大型ペットキャリー

猫をお医者に連れて行く際に、必須となるのがペットキャリーケース。

車を持っていないので、まぁそこそこは運んで歩くわけです。
犬のように、戸外で言うことをきかせるというのができないので
ともかく安全に、安心に、猫が怖くないもの、と考えるわけですが
大型猫用となると、これが意外と難しいことに気づきました。

どうも、猫のP子の尿トラブルが長引きそうで
これから暫く、10日に1度は通院で、皮下注射らしくてですね…

てな話よりも先に書いときます。 高かったぞ! bearing
買ったのはこれだけど、同じくらいの猫を運びたい御方は
価格を吟味することをお勧めしまっす。 ↓

ブロッサム キャスター付きキャリーバッグ Lサイズ

リンク先は画像と説明がイマイチで、ふんぎりをつけるまでに
かなり悩んだので、買った人として画像を補完しますぜー。

大型ペットキャリー 見た目と寸法

青いペットシーツは自前です。見ないふりしてね。

Blog201005132

入り口の反対にあたる面は、カバーを巻き上げると
メッシュの窓になります。  あと一応肩掛けも可。

Blog201005133

開閉可能な入り口は2箇所。 で、キャスター運搬時に
引っ張ることのできる持ち手は、写真のような感じで
出し入れするです。

微妙に犬用みたいだけど ^^;
(キャリーの中には、首輪用リードが付属してました。 笑)
あと、一緒に写ってる猫は、運搬対象のP子じゃなくて
ちょっと小さめのK子なので、ややオーバースペックに見えます。
んが、実際はちょうどよいのです ^^;

ま、まあそれはともかく。
「キャスター有り」「耐荷重7キロ以上」「ペット用(=窓あり)」の
要件を、通販で満たそうとすると、んもー見つからん見つからん。
特に耐荷重がネックなのですね。 ふおー。

私、鉄剤を飲むほどの鉄欠乏性貧血でして。
重たいものと激しい運動が苦手でっす。
何度も何度も立ち止まって、呼吸を整えます。
P子を運んでお医者まで到達する頃には、気息奄々で
口もきけなくなるです…。

それでも、「P子死ぬなー!」 の親バカで、頑張って頑張って
普及型の樹脂製手持ちキャリーで運んでいたのですが、
P子が重すぎて形が歪み、留め具が1つ壊れてしまったのです…。
だああ! 弱っちい樹脂ケースはイカン!

それでも連れてゆかねばならなかったので
更に頑張って、キャリーを抱えて運んでいたりもしたけど…
定期的にって言われると、あまりにつらい。

もぉ絶対にキャスターが欲しくて、今回のブツになりました。

「それくらい、運べるだろ普通」 とか言ってる夫には
一生わかんねー悩みだけどね。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

毎日拭き掃除のGW

もう猫はいいだろうって感じですが ^^;;;

いやぁもう、猫の膀胱炎ってのは結構大変なものだなぁ。
今日もこれから部屋中を拭くであります…。

ともかく、猫としてのふるまい優秀賞であったP子が
ほうぼうで座り込み、立ち止まり、点々と粗相をして歩くので
どうしても家の中にハニーポットなニオイが…… il||li_| ̄|○il||li

診断を受けてから4日目だけど、薬は効いてくれているのだろーか。

ともあれ、こういう事態のときに勤めが休みだったのは
不幸中の幸いでっす。
なんとか気を取り直して、続きが描けるようになってきました。

猫の特技、指ひらき

4コマでカラーって、あまり色味が一緒すぎるとつまんないよね…。
でも、あまり違いすぎると、なんかバカみたいだし…。

むー、わからん。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

副作用の観察中

猫の話ばっかりしてますけど。

痛快なおねだりと食べっぷりで、人間を癒してくれていたP子がですね。
もう急に飲まず食わず、トイレにも行かず、すべての動作が
抜き足差し足の超スロー再生状態なんですわ…

あまりの変わりように、薬の名前を検索すると
副作用が 「食欲不振」 って一応は載っている。

肉食動物の身体は、1日2日絶食しても平気らしいけど
お小水が1日止まるってのはどうなんだろう。
じいっと丸まって、まばたきするばかりの猫を見ていると
もう心配になってですね。
死ぬかと思って夜中の往診を頼んでみたりして、
ハートもお財布も痛いGWとなりました。

とりいそぎ、命の危険は無いそうです coldsweats01

しかしなあ。 行動がおかしいのには、きっと何かの
理由があるんだろうなと、気にしておりまっす。

薬の影響で、自分のニオイが変わった気がするとか…?
どうも、知らない家でむっちゃ怖がっている様子を
彷彿とさせるであります…。
いや、本当のところはわからないわけですが。

食べないのはまぁ、副作用かもねってことで
ちょっと薬を中断して良いことになりましたが。
どうでもいいけど、2種類戴いた薬のうち、片方は
人間用のデータベースにヒットしたぞ。

いや、そういうもんだって聞いていたので、別にいいんだけど。
副作用も人間と同じでいいのかしらん。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

より以前の記事一覧