2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年10月

動物病院にて その5

今回もまたおひさしぶりです。

以前の一時期、皮下点滴のために毎晩連続で通っていたけれど
勤め人的にそれが出来なくなるのではないかと、とても心配だったので
相談してみたところ……

Blog20121014

怖くてできませんでした……。

参考リンク

 [飼い主自身で行う皮下輸液の方法(輸液セット-タコ管付き)]
 
http://www.pet-hospital.org/guidance10173.htm

病院のお姉さんは、このリンク ↑ のような内容を
まさしく正確に説明してくださったのですが、立て板に水すぎて
も、もう1回くらい… いやもう3回くらい、病院の方の立ち会いで
安全に練習したほうがいいかなーっとか…。
ううう…。

でも、P子にはこれが必要になると思っているのですよ。
少しでも先になればいいなぁと、願ってもいますが。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

冬毛の季節がやってくる

やっと、日中の気温が30度を下回るようになったような…。

心なしか、P子の胃腸の具合も良くなってきたようです。
それどころか、食欲が増したような…。
はっ。 よく見たら、もう一匹のK子も、猫毛がフッサリしてきましたよ。
大食いの原因は、この大量の猫毛を養うためですかね?

というわけで落書きです。

Blog20121007

いや、ほんとに大変みたいなんです、これ。

肩や胸を舐めたくても、エプロンやマフラーを舐めちゃうわけです。
舐めたいところが舐められないわけです。
しかもその毛が長いので、いくら舐め上げても、舐め下げても、
舌から毛先がはずれずに、猫がひっくり返って転んでます。 まじで。

そして春になると全部抜けるんですよねぇ……。

ただまぁ、それもおそらく健康のバロメータなんだと思われます。
元気なK子は、夏も冬も派手に換毛してくれますが
病院通いのP子は、昔から毛の増減が目立たない猫でした。
今年は増えてほしいな。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »