2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 毎日拭き掃除のGW | トップページ | 膀胱洗浄… だと…? »

遂に、キャスターつき大型ペットキャリー

猫をお医者に連れて行く際に、必須となるのがペットキャリーケース。

車を持っていないので、まぁそこそこは運んで歩くわけです。
犬のように、戸外で言うことをきかせるというのができないので
ともかく安全に、安心に、猫が怖くないもの、と考えるわけですが
大型猫用となると、これが意外と難しいことに気づきました。

どうも、猫のP子の尿トラブルが長引きそうで
これから暫く、10日に1度は通院で、皮下注射らしくてですね…

てな話よりも先に書いときます。 高かったぞ! bearing
買ったのはこれだけど、同じくらいの猫を運びたい御方は
価格を吟味することをお勧めしまっす。 ↓

ブロッサム キャスター付きキャリーバッグ Lサイズ

リンク先は画像と説明がイマイチで、ふんぎりをつけるまでに
かなり悩んだので、買った人として画像を補完しますぜー。

大型ペットキャリー 見た目と寸法

青いペットシーツは自前です。見ないふりしてね。

Blog201005132

入り口の反対にあたる面は、カバーを巻き上げると
メッシュの窓になります。  あと一応肩掛けも可。

Blog201005133

開閉可能な入り口は2箇所。 で、キャスター運搬時に
引っ張ることのできる持ち手は、写真のような感じで
出し入れするです。

微妙に犬用みたいだけど ^^;
(キャリーの中には、首輪用リードが付属してました。 笑)
あと、一緒に写ってる猫は、運搬対象のP子じゃなくて
ちょっと小さめのK子なので、ややオーバースペックに見えます。
んが、実際はちょうどよいのです ^^;

ま、まあそれはともかく。
「キャスター有り」「耐荷重7キロ以上」「ペット用(=窓あり)」の
要件を、通販で満たそうとすると、んもー見つからん見つからん。
特に耐荷重がネックなのですね。 ふおー。

私、鉄剤を飲むほどの鉄欠乏性貧血でして。
重たいものと激しい運動が苦手でっす。
何度も何度も立ち止まって、呼吸を整えます。
P子を運んでお医者まで到達する頃には、気息奄々で
口もきけなくなるです…。

それでも、「P子死ぬなー!」 の親バカで、頑張って頑張って
普及型の樹脂製手持ちキャリーで運んでいたのですが、
P子が重すぎて形が歪み、留め具が1つ壊れてしまったのです…。
だああ! 弱っちい樹脂ケースはイカン!

それでも連れてゆかねばならなかったので
更に頑張って、キャリーを抱えて運んでいたりもしたけど…
定期的にって言われると、あまりにつらい。

もぉ絶対にキャスターが欲しくて、今回のブツになりました。

「それくらい、運べるだろ普通」 とか言ってる夫には
一生わかんねー悩みだけどね。

投票ボタンです…おもしろかったらポチリと >> にほんブログ村 猫ブログへ

« 毎日拭き掃除のGW | トップページ | 膀胱洗浄… だと…? »

」カテゴリの記事

猫(尿石症)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日拭き掃除のGW | トップページ | 膀胱洗浄… だと…? »