2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

iPhoneアプリになりました

ちょこっと赤面ですが、宣伝でございます (*^^*)

私の愛する漫画ソフト、ComicStudioを販売している
セルシス社では昨年から、ソフトバンクの iPhone 3Gに
対応したマンガビューアを提供しているそうです~。
知らなかったので検索したら、毎日ニュースにありました。
このビューアで読める漫画アプリが増えるといいですね ^^

なんでイキナリこんな話題になったかというと…

拙宅で、Pixivへの投稿漫画としてリンクしてある
『ぴよこと幸せ』 が、このビューアの動作サンプルで
iTunes Store (App Store) に登録されたのでした。
動作サンプルにつき、当然ながら無料でっす。

無料どころか、あんな画力でサンプルになって
ごめんなさいって感じでっす…。
漫画はどうでもいいのでビューアを見てくださいませ。
はは、ははは…。 あうあう。

そんな直リンクはこちらです~。
 → ぴよこと幸せ iTunes Store版
   * PCでは、iTunesのインストールが必要です
   * アプリを見るには、iPhone本体が必要です

iPhoneで漫画ビューア、というと、TV宣伝のイメージから
まず縮小ページが出て、好きなところを拡大して…
というタイプを想像したのですが、セルシス社のアプリは
そうではなくて、1コマずつ進んでゆく、多分伝統的な
読み方がアプリになりました、という感じです~。

1コマずつ全画面なので、ページの位置がどうとか、
コマの大きさがどうとかの情報は無くなりますが
そのかわり特別な操作をしなくても、横長のコマが
目線にそってパンしたり、セリフが順番に
浮かんできたり、フェードアウトしたり、といった
携帯感覚なマンガ体験ができましたです~。

… とまあ、かなりギコチナイ紹介になっちゃいましたが
私の携帯習熟レベルが異様に低いせいだってことで
生暖かくお許しください。 はははのは…。

更にこのサンプルサイト、感想というかレビューが
書き込めるようになってるのですが、どうやら実に
容赦ない書き込みが来るらしいので、精神安定のため
コメント欄は見ないことにしました 

これからも、可能な範囲でぽちぽちと作ってゆきたいと
思います~。

シーラカンス

人間用のソファで、腹ばいを楽しんでいるのは
飼い猫のK子でごんす。 でかい猫です。

猫なのに魚ポーズ

こういうものを貼りだすと、ここが何のブログなんだか
サッパリ不明になっちゃうので自重なんですが ^^;
トレス用の写真を取り込んだので、ついでのオマケ
ってことにしておいてくださいー。

更に猫ばかプレイを続行。 前からみるとこんな感じです。

猫なのに魚ポーズ

拙宅では、猫のこのような姿のことを
「魚」 と言い表してます……

… という、まるでバカバカしい管理人のサイトに
お越し戴いている皆様、ありがとうございます ><;
拍手や投票を大事に押し戴いています。 ううう!
戴いたバトンも、お応えまでしばらくお待ち下さいませ 

今日は何も描かなかったけれど、明日はもうちょっと…
かも。

続きを読む "シーラカンス" »

花はやっぱり花だった

ああっ何もしてない大変だ!

… と思うときに限って、経過時間を日数に換算してみると
意外に、平均値と大差なかったりします。

もっと突きはなして、データのみを並べて考えると
これまた意外に、平均値と大差なかったりします…。
うーん。 なんだかな。

ただし、今の時期、実際に使っている時間が少ないのは
本当なので、その結果、諸々のよしなしごとをしながら
「あれやろう、これやろう、いつまでに」 とばかり
考えてしまって、気持ちが焦るのかもしれませんねー。
ちなみに、「いつまでに」 のほとんどは敗退でっす…。

で、相乗効果でいろんな効率が悪くなるという ^^;

そんな煮詰まった時間のはしばしで、逃避行動的に
藤の花 (のつもりなのさ!) に取り組み中でっす。

Blog20090416

めんどくさ… 笑笑笑

まあ逃避行動なんで、このくらいで良いかと 

しかーし。
藤のアップをじっくり見たのは初めてなんですが
「ふうぅ~ん」 って思って見ているうちに…、
何か描いちゃいかんような、ヤバイものを
見ている気になるから不思議ですワハハハ。

みやびで優しく、清楚で上品なイメージであっても
そこんとこ、花はすべからく花なんですねぇー。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »