2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月

それは漆

ちょっと前ですが、8月のお盆の頃のエピソード。
ある日、いつものように出社すると、向かいの席のAさんが

「痛い…。 口が痛い…。 突っ張ってすごく痛い…」

と、つぶやいていました。

「どうしたんですか?」
「わかんない。 でもあの南国フルーツのような気がする!
 あの異様な甘味は絶対におかしかった!
 日本人は南国ものを食っちゃいかんのだと思う!」

そんなAさんが昨日食べたものは、貰いものの
アップルマンゴー1個半だそうです。
食べたことないなあ。

なんと、Aさんは翌日も苦しんでいました。
通りすがりのBさんに、窮状を訴えています。

「皮に悪い農薬が残っていたんじゃないだろか…。
 病院に行ってみようかな…」
「それ、農薬じゃないですよ、たぶん」
「えっ??」

「だってマンゴーは漆だから。 漆かぶれしますよ」

「えええええっ!」

そそそ、そーだったんですかいっ。
漆ちゅうのは果物が採れるんですかいー!
と、ついでに驚く私たちに、Bさんは淡々と告げるのでした。
「けっこう一般的な話だと思いますけど…。
 マンゴーを箱で貰ったりすると、うんちくの紙が
 入っているのをよく見ますよ」

よく見る… って言われてもですな… 
マンゴーを箱で貰うことなんて、ありゃしませんぜ自分。
って、ん?
本日の会議用仕出し弁当にセットされてる、これは何?
黄色くて、柔らかそうでツヤツヤで、四角く切られたこれは…
…マンゴーのような気がする。

こんなエピソードの直後では、食べづらいであります…。
わたくしの体が漆体質かどうか、試してみろってこと?
うーーーーーーーん。

食べました(笑)
甘くて強くて、とろとろトロピカルなお味・・・
なんてこった。 漆の仲間にこんなヤツがおったとは。
漆塗りの樹液を連想すると、気持ちは何かフクザツですが
結果、何も起きませんでした~。 ^^;
ま、カットした中身だけをほんの数口、てなもんでしたし。

しかーし、量や体調や熟し度合いが関連するらしいので
この先のことはわからないですねー。
マンゴーを見かけたら気をつけよう。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »